【国内映画ランキング】『美女と野獣』が無敵のV4!『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』は3位、M・ナイト・シャマラン監督の『スプリット』は8位でスタート

美女と野獣

http://www.disney.co.jp/movie/beautyandbeast/gallery.html

【日本動員ランキング 5月13-14日】
1位(←) 美女と野獣
2位(←) 名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)
3位(↑) ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス
4位(↓) ワイルド・スピード ICE BREAK
5位(↓) 追憶
6位(↓) 帝一の國
7位(↓) 映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ
8位(↑) スプリット
9位(↓) ラストコップ THE MOVIE
10位(↓) 無限の住人

ゴールデンウィークが明けても『美女と野獣』はトップを譲らず。4週連続1位は『SING/シング』に続いて今年2作目となる。3位には型破りなヒーロー・チームが活躍するシリーズの第2弾『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』が飛び込んできた。監督&主要キャストの来日も話題を集めた本作、生まれ変わった最終兵〝木〟ベビー・グルートにキュン死させられる観客が続出!? 新作ではM・ナイト・シャマラン監督が復活なった多重人格スリラー『スプリット』が8位にランクイン。(興行通信社調べ:動員)

▼遠藤憲一がベビー・グルートになり”木”る『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』の予告編。