【全米映画ランキング】1位はワイスピが突っ切りV3! そして『バーフバリ』PART2が何と初登場3位!

C9SseP5UIAA8_sv

https://twitter.com/WildSpeed_jp

【全米興収ランキング 4月28-30日】
1位(←)   ワイルド・スピード ICE BREAK
2位(新)   How to be a Latin Lover※
3位(新)   Baahubali 2: The Conclusion※
4位(新)   The Circle※
5位(↓)   The Boss Baby※
6位(↓)   美女と野獣
7位(↓)   ジーサンズ はじめての強盗
8位(↓)   Smurfs: The Lost Village※
9位(↓)   Gifted※
10位(↓) Unforgettable※
※が付いたタイトルは原題

強敵がいなかった今週、ワイスピ第8弾が1位を守りV3を達成! 新作は2位~4位に食い込んだが、なかでも注目は3位に入ったインド映画『Baahubali 2: The Conclusion バーフバリ2:ザ・コンクルージョン』(原題)。本作は『バーフバリ 伝説誕生』の続編で、前作より上映館数を約200館増やし、初登場9位という前作の記録を大幅に塗り替えた。日本でも熱狂的なファンを生んでおり、“バーフバリ”旋風は世界に広がっている。戻って2位はメキシコのスター、エウヘニオ・デルベス主演のコメディ『How to be a Latin Lover ハウ・トゥ・ビー・ア・ラテン・ラバー』(原題)、4位はエマ・ワトソンがトム・ハンクスと初共演したスリラー『The Circle ザ・サークル』(原題)となっている。ちなみに順調に興収を伸ばしている『美女と野獣』は、世界興収11億ドルを超え、現在歴代ランキング13位。国内は『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』を抜いて9位に。どこまで行くか!?(Box Office Mojo調べ:興行収入)

▼『バーフバリ』PART2は日本でも年内公開予定。