【全米映画ランキング】潜水艦とバトルする!ワイスピ最新作が世界記録を超える大ヒットスタート! 『(500)日のサマー』の監督最新作も急浮上

ICE_BREAK

https://www.facebook.com/Wild.Speed.jp/

【全米興収ランキング 4月14-16日】
1位(新)   ワイルド・スピード ICE BREAK
2位(↓)   The Boss Baby※
3位(↓)   美女と野獣
4位(↓)   Smurfs: The Lost Village※
5位(↓)   Going in Style※
6位(↑)   Gifted※
7位(↑)   Get Out※
8位(↓)   パワーレンジャー
9位(↑)   The Case for Christ※
10位(↓) キングコング:髑髏島の巨神
※が付いたタイトルは原題

「ワイルド・スピード」シリーズ第8弾となる最新作『ワイルド・スピード ICE BREAK』が初登場1位を獲得! ポール・ウォーカー死去後、彼がまったく登場しない初めての作品となった本作には、シャーリーズ・セロン、ヘレン・ミレン、スコット・イーストウッドとさらなる豪華キャストが投入されたほか、『ミニミニ大作戦』(’03)のF・ゲイリー・グレイが新たにメガホンをとり、不可能かに思えたカーアクションのパワーアップに成功。シリーズお馴染みの公道レースはもちろん、まさかの潜水艦とのバトルなど、シリーズファンがニヤニヤしっぱなしの完成度。全米興収は封切り3日間で1億ドルを超え、世界では5億ドルを突破し、封切りの世界記録を塗り替える大ヒットスタートとなっている。ほかクリス・エヴァンスが『(500)日のサマー』のマーク・ウェブ監督と組んで、亡き姉の娘を育てるいい伯父さんを演じた『Gifted ギフテッド』(原題)が、先週16位から6位に大きくジャンプアップした(Box Office Mojo調べ:興行収入)


悪役だったはずのジェイソン・ステイサムは、今回、そんなキャラだったっけというおいしい役どころ。シャーリーズ・セロン演じるかつてない頭脳犯にドムたちファミリーはどう立ち向かうのか!!