【全米映画ランキング】“ハリポタ”シリーズ全作を上回るオープニング成績をたたき出した実写版『美女と野獣』がV2達成! 『パワーレンジャー』が2位!

1489729489306

作品情報|美女と野獣|映画|ディズニー

【全米興収ランキング 3月24-26日】
1位(←)   美女と野獣
2位(新)   パワーレンジャー
3位(↓)   キングコング:髑髏島の巨神
4位(新)   ライフ
5位(↓)   LOGAN/ローガン
6位(↓)   Get Out※
7位(新)   CHiPs※
8位(↓)   The Shack※
9位(↓)   レゴバットマン ザ・ムービー
10位(↓) The Belko Experiment※
※が付いたタイトルは原題

世界的にも大ヒット中でマレーシアでの公開も無事決まった、エマ・ワトソン主演の実写版『美女と野獣』の勢いは止まらず、今週も全米興収ランキング1位を獲得。公開から10日間で全米興収3億1600万ドルを稼ぎ新作を寄せ付けなかった。初登場2位となったのは、1990年代に、日本の“スーパー戦隊”を英語ローカライズした特撮シリーズを新たに映画版として製作された『パワーレンジャー』。レンジャー役にはほぼ新人がキャスティングされ、脇をエリザベス・バンクス、TVシリーズで声優として参加していたブライアン・クランストンらが固める。同じく新作の、ジェイク・ギレンホール&ライアン・レイノルズ共演、真田広之も出演するSF映画『ライフ』(7月8日日本公開)は4位、往年のTVシリーズ「白バイ野郎ジョン&パンチ」をダックス・シェパードが監督、脚本、ジョン役を兼任し、マイケル・ペーニャが“パンチ”役を演じてリメイクした『CHiPs チップス』(原題)は7位となった。(Box Office Mojo調べ:興行収入)

『パワーレンジャー』は7月15日日本公開。