【全米映画ランキング】『レゴバットマン ザ・ムービー』がV2! マット・デイモンの“万里の長城アクション”は3位

C5BvKr1UcAMYE6g

https://twitter.com/legobatmanjp

【全米興収ランキング 2月17-19日】
1位(←)   レゴバットマン ザ・ムービー
2位(←)   Fifty Shades Darker※
3位(新)   グレートウォール
4位(↓)   John Wick: Chapter Two※
5位(新)   Fist Fight※
6位(↓)   Hidden Figures※
7位(↓)   スプリット
8位(↓)   A Dog’s Purpose※
9位(↓)   ラ・ラ・ランド
10位(新) A Cure for Wellness※
※が付いたタイトルは原題

『LEGO® ムービー』の第2弾『レゴバットマン ザ・ムービー』が2週連続1位を獲得。マット・デイモンが『マンチェスター・バイ・ザ・シー』の主演をケイシー・アフレックに譲って参加したと言われる、チャン・イーモウ監督の歴史大作『グレートウォール』は3位にランクイン。5位に食い込んだ『Fist Fight フィストファイト』(原題)は、クビになった教師がリベンジに挑むアイス・キューブ主演のコメディ、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのゴア・ヴァービンスキーがデイン・デハーンと組んだホラー『A Cure for Wellness ア・キュア・フォー・ウェルネス』(原題)は、初登場10位とやや残念な結果に。(Box Office Mojo調べ:興行収入)