【全米映画ランキング】TOP3は『レゴバットマン ザ・ムービー』『ジョン・ウィック』第2弾など続編もの

C0RCnbeVIAALasR

https://twitter.com/legobatmanjp?lang=ja

【全米興収ランキング 2月10-12日】
1位(新)   レゴバットマン ザ・ムービー
2位(新)   Fifty Shades Darker※
3位(新)   John Wick: Chapter Two※
4位(↓)   スプリット
5位(↓)   Hidden Figures※
6位(↓)   A Dog’s Purpose※
7位(↓)   Rings※
8位(↓)   ラ・ラ・ランド
9位(↓)   LION/ライオン ~25年目のただいま~
10位(↓) The Space Between Us※
※が付いたタイトルは原題

M・ナイト・シャマラン監督作『スプリット』のV4を阻止したのは、『LEGO® ムービー』に登場したバットマンが活躍する『レゴバットマン ザ・ムービー』。前作に引き続きバットマンの声を担当したウィル・アーネットのほか、ジョーカー役にザック・ガリフィアナキス、ロビンの声にマイケル・セラ、バットガールにロザリオ・ドーソンと豪華キャストがそろっている。2位はティーン向けのSM映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の続編、そして3位は、キアヌ・リーヴスが復活を遂げたアクション『ジョン・ウィック』のこれまた続編。“モーフィアス”ことローレンス・フィッシュバーンや、『スーサイド・スクワッド』でモンスターTを演じたコモンらが新キャストとして出演。今度はイタリアン・マフィアと死闘を繰り広げるようだ(7月7日日本公開)。(Box Office Mojo調べ:興行収入)