【全米映画ランキング】シャマラン監督のスリラー『スプリット』が「ザ・リング」シリーズ最新作を下しV3!

C3mPN7xUoAAPyt8

https://twitter.com/splitmovie

【全米興収ランキング 2月3-5日】
1位(←)   スプリット
2位(新)   Rings※
3位(↓)   A Dog’s Purpose※
4位(↓)   Hidden Figures※
5位(←)   ラ・ラ・ランド
6位(↓)   バイオハザード:ザ・ファイナル
7位(←)   SING/シング
8位(↑)   LION/ライオン ~25年目のただいま~
9位(新)   The Space Between Us※
10位(↓) トリプルX:再起動
※が付いたタイトルは原題

ジェームズ・マカヴォイが少女を誘拐した多重人格者を演じるM・ナイト・シャマラン監督のスリラー『スプリット』が3週連続1位を獲得! 客層が被りそうなホラー『Rings リングス』(原題)は初登場2位に。“貞子”ならぬ“サマラ”の呪いが連鎖するハリウッド版「ザ・リング」シリーズの第3作となり、イタリア人女優マチルダ・ラッツが主演を務めている。新作はほかにエイサ・バターフィールド主演の青春SFドラマ『The Space Between Us ザ・スペース・ビトゥーン・アス』(原題)が9位にランクイン。また今月末に発表される第89回アカデミー賞で作品賞ほか6部門にノミネートされている『LION/ライオン ~25年目のただいま~』が、上映館数を830館増やし、公開11週目にして先週の14位から8位へ大きくジャンプアップしている。(Box Office Mojo調べ:興行収入)