【全米ランキング】NASAで活躍した黒人女性たちの実話ドラマが1位に! 謎の“バイバイマン”が登場するホラーが初登場5位

A

http://www.imdb.com/title/tt4846340/

【全米興収ランキング 1月13-15日】
1位(↑)   Hidden Figures※
2位(↑)   ラ・ラ・ランド
3位(←)   SING/シング
4位(↓)   ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
5位(新)   The Bye Bye Man※
6位(↑)   Patriots Day※
7位(新)   Monster Trucks※
8位(新)   Sleepless※
9位(↓)   アンダーワールド ブラッド・ウォーズ
10位(↓) パッセンジャー
※が付いたタイトルは原題

先週2位だった、NASAで活躍した黒人女性たちの実話ドラマ『Hidden Figures ヒドゥン・フィギュアズ』(原題)が、じわりと数字を上げ今週ついに1位に。ゴールデン・グローブ賞を獲得した『ラ・ラ・ランド』も5位から2位にランクアップした。新作では、名前を知ってはいけない“バイバイマン”なる謎の怪人が登場するホラー『The Bye Bye Man ザ・バイバイマン』(原題)が5位に、ジェイミー・フォックス主演で、もはやジャンルと化した“リーアム・ニーソン型”アクション『Sleepless スリープレス』(原題)が8位に登場。また、『アイス・エイジ』のクリス・ウェッジ監督の初実写映画『Monster Trucks モンスター・トラックス』(原題)は初登場7位となった。ほか、2013年に起きたボストンマラソン爆弾テロ事件を、『ローン・サバイバー』のマーク・ウォルバーグとのピーター・バーグ監督のコンビで映画化した『Patriots Day ペイトリオッツ・デイ』(原題)は、上映館数を大幅に増やし先週30位から大きくジャンプアップ! 次週は『トリプルX:再起動』などが公開される。(Box Office Mojo調べ:興行収入)


『Patriots Day ペイトリオッツ・デイ』(原題)には、ほかケヴィン・ベーコン、J・K・シモンズ、ミシェル・モナハンらが出演している。