【全米ランキング】『ローグ・ワン』がV4! NASAで活躍した黒人女性たちの実話ドラマが急上昇!

czufupyvqaqpcq2

https://twitter.com/disneystudiojp

【全米興収ランキング 1月6-8日】
1位(←)   ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
2位(↑)   Hidden Figures※
3位(↓)   SING/シング
4位(新)   アンダーワールド ブラッド・ウォーズ
5位(↑)   ラ・ラ・ランド
6位(↓)   パッセンジャー
7位(↓)   Why Him?※
8位(↓)   モアナと伝説の海
9位(↓)   Fences※
10位(↓) アサシン クリード
※が付いたタイトルは原題

新年2週目の週末も『ローグ・ワン〜』が首位を守りV4達成! 累計興収は4億ドルを突破した。そして先週から大幅に上映館数を増やし2位に急浮上したのは、先週17位の『Hidden Figures ヒドゥン・フィギュアズ』(原題)。1960年代にNASAで活躍した黒人女性の実話ドラマで、現地時間8日に発表になる第74回ゴールデン・グローブ賞では、オクタヴィア・スペンサーが助演女優賞に、ハンス・ジマー、ファレル・ウィリアムズ、ベンジャミン・ウォルフィッシュが音楽賞にノミネートされている。また、ゴールデン・グローブ賞最多7部門にノミネートされた『ラ・ラ・ランド』も、先週7位から5位に浮上し受賞への弾みをつけた。新作では日本とほぼ同時公開となった「アンダーワールド」シリーズ最新作が4位にランクインしている。(Box Office Mojo調べ:興行収入)

『Hidden Figures ヒドゥン・フィギュアズ』(原題)の本国版予告編。本作の製作も務めたファレル・ウィリアムズによる全曲書き下ろしのサウンド・トラックも注目を集めている。