【全米ランキング】ハリポタ新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』が首位発進!

cvnwhq8uiaayufj

https://twitter.com/fantabi_jp

【全米興収ランキング 11月18-20日】
1位(新)   ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
2位(↓)   ドクター・ストレンジ
3位(↓)   Trolls※
4位(↓)   メッセージ
5位(↓)   Almost Christmas※
6位(↓)   Hacksaw Ridge※
7位(新)  The Edge of Seventeen※
8位(新)   Bleed for This※
9位(↓)   ザ・コンサルタント
10位(↓)   Shut In※
※が付いたタイトルは原題

「ハリー・ポッター」シリーズ最新作『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』が、過去のシリーズのオープニング成績には及ばなかったが初登場1位に輝いた。現在、主演のエディ・レッドメインらが来日しており公開初日の11月23日(水・祝)まで3日間連続でイベントが行なわれる予定だ。7位にランクインした『The Edge of Seventeen』はヘイリー・スタインフェルド主演の青春ドラマ、8位の『Bleed for This』は、マイルズ・テラーが実在したボクシング2階級制覇の王者ビニー・パジェンサを演じた伝記ドラマで、テラーの肉体改造にも注目が集まっている。(Box Office Mojo調べ:興行収入)